2021/10/19

R3年度健康長寿の3要素実践促進事業「長寿力向上教室」沼津市大平地区センターにて開催

血圧測定と体調確認

 「健康長寿の3要素実践促進事業」は、平成28年に静岡県と連携して事業を開始しました。当事業は、健康長寿の3要素である運動・食生活・社会参加の実践促進により、地域の65歳以上の方々の健康増進を図るものです。過去に実施した5年間で一定の成果を積み上げてきました。さらに県内でより広く健康長寿の3要素を実施していく為に、今回沼津市大平地区センターで開催される事となりました。

 当、長寿力向上教室の3か月介入型では、当財団が作成したテキストを活用し、全13回の健康教室を開催します。

 当教室の全体の流れ
・1回目→教室評価や参加者への動機付けのための事前測定会
・2回目~11回目→健康長寿の3要素(運動・食生活・社会参加)の実践教育
・12回目→教室受講後の測定会
・13回目→教室受講結果の説明会

 ・実施期間:令和3年10月7日(木)~令和4年1月6日(木)の間、計13回
 ・時間:毎回13:30~15:00 

★今回の取材は令和3年10月14日(木)に開催された第2回目の長寿力向上教室の内容です。

 受付で財団スタッフさんによる検温と手の消毒を済ませ、第1回目の教室で各参加者に渡された運動量計測器(10/7日の1回目から10/14日の2回目までの運動量が計測記録された)を回収します。次に保健師さんによる血圧測定と健康チェックシートに基づき、今日の体調を確認します(写真上)。

講義1の授業開始

 そして13時30分、長寿力向上教室の授業が始まります。
受講生数は、69歳~82歳までの方々16名で、女性15名、男性1名です。
しずおか健康長寿財団 稲益大悟さん(健康運動指導士・JATI認定トレーニング指導者)による、ひざ痛予防の講義です(写真上)。

 ひざ痛は、ひざへの負担の積み重ねにより、軟骨がすり減ったり、半月板が損傷したりすることで発生するそうです。またO脚により、ひざへの負担が内側に集中することも要因のようです。テキスト及び運動カードを用いての解り易い説明です。

受講生に配布された教材

 当教室では使用する教材、テキスト、運動カード(25種類有り)、などの5種類のグッズ(写真上)、を参加者の皆様にお渡ししています。

ひざ痛予防運動

 椅子に座った状態で「ひざ痛予防」の体操です(写真上)。
もも前側のストレッチ ・もも前側の強化 ・もも内側の強化、これら3種類のひざ痛予防運動を、稲益さん(健康運動指導士)による実演指導、そして運動カードを参照しながら実施します。

 参加者の方々、気持ちの良い汗をかきながら、ひざ痛予防運動を実践中です。……そして5分間の給水&休憩タイムとなりました。

講義2の授業

 佐々木管理栄養士さんによる食生活についての講義の始まりです。

1、バランスの良い食事について
 ① 1日3食を食べ、十分な栄養を摂取して下さい。特に朝食は、1日の生体リズムを        整え、脳や身体のエネルギー源となりますので欠かさないようにして下さい。
 ② 食事の基本「主食・主菜・副菜」を揃えましょう。
 主食:ごはん・麺類・パン
 主菜:メインのおかず(魚・肉・卵・大豆製品など)
 副菜:野菜・きのこ・海藻などのおかず+牛乳・乳製品・果物など)
 ③ 食事の多様性は、元気に暮らす事に繫がるという研究結果が出ているそうです。  様々なものを食べ、食事を楽しみましょう。

 ※多様性な食べ物とは!  
・肉 ・大豆&大豆製品 ・緑黄色野菜 ・海藻 ・果物 ・魚類 ・卵 
・牛乳 ・イモ ・油脂など、多くの食材種類を食べることです。

2、減塩について
①なぜ減塩が必要でしょうか!
 塩分の取り過ぎは、血液中の塩分濃度を高め、結果的に高血圧につながる可能性があ ります。高血圧は循環器病(心筋梗塞、脳卒中など)の大きな危険因子だそうです。減塩を意識し、これらの予防に努めましょう。

②1日当たりの食塩摂取量の目標値は!
・厚生労働省の目標値は → 男性7.5g未満  女性6.5g未満
・日本高血圧学会の目標値 → 男女とも6g未満  
・世界保健機構(WHO)の目標値 → 男女とも5g未満 です。
 
③減塩の工夫を考えてみましょう
・醤油を使う時は…かけるのをやめて小皿を使う、刺し身は片面に少し、決めた量にして追加しない、スポイト式やスプレー式も有効のようです。
・みそ汁(汁物)は…食べる回数を減らす(1日1杯程度)、野菜など具を多くし飲む汁を減らす、またうす味にしましょう。
・ラーメン(麺類)は…食べる回数を減らす、スープをできるだけ残す、大盛にしないようにしましょう。
・漬物は…食べる回数を減らす、1回に食べる量を減らす、浅漬けを選ぶ。
   そして、減塩活動は家族全員で実践して下さい。

本日のスタッフさん

 受講生の方々が挙手をしての質問など多々あり、積極的で前向きな受講姿勢と意識の高さが大変印象的でした。そしてスタッフの方々(写真上左から、鈴木さん、栗田さん、佐々木さん、稲益さん、渡邊さん)の親切、丁寧で献身的なご指導でした。

取  材:生きがい特派員  安藤智章(東部地域担当)

前のページに戻る

Recommend

おすすめ動画Recommend

  • 高齢者にやさしい!ご当地体操/ストレッチ すこやかエブリデー静岡

    さあ、心も体もリフレッシュしよう!!静岡県内で県民の健康増進を目的に活動する団体及び指導者の方、営利を目的としない県内の個人及び県外の団体、指導者の方に無料で配布をします。※原則として、DVDは1人(1団体)あたり、1枚まで配布をします。詳しくは、こちらをご覧ください。

  • 静岡県の百寿者に聞いた!健康長寿の秘訣の紙芝居

    静岡県(長寿政策課)の委託により、しずおか健康長寿財団が県内のお元気な百寿者(百歳以上の方々)を訪問して、暮らしぶりや興味のあることなどを伺い、その結果を「紙芝居」としてまとめました。 高齢になっても、心身ともに健康で、いきいきと活躍できるヒントが見つかると思います。

健康体験・動画を見る