2021/05/18

清水町の美を創るひと!池谷千恵子さんを訪ねて

自宅アトリエで創作に打ち込む池谷千恵子さん

沼津美術協会理事を務める池谷千恵子さん(80歳)は、県内の美術展などでの受賞歴も多く、また、静岡県すこやか長寿祭美術展において県知事賞や、しずおか健康長寿財団理事長賞等を受賞されています。
 令和3年1月に清水町地域交流センターで開催された「池谷千恵子日本画展」では、20年間描き続けて来た40点の作品を展示し、来館者に元気を与えてくれました。

作品 : 「収穫Ⅱ」

2016年 第19回静岡県すこやか長寿祭美術展 日本画部門において、出品作品「収穫Ⅱ」は、県知事賞を受賞しました。当作品は2016年全国健康福祉祭(ねんりんピック長崎2016)で銀賞を受賞しています。
【審査員寸評】
 ご自分が育てられたさつま芋でしょうか、土の匂いや、風の匂いと共に作者の温かな気持ちが伝わってきます。色彩も構成もよく考えられ、葉のうす緑と芋のうす紅が絶妙です。

作品:「宵待」

2020年 第23回静岡県すこやか長寿祭美術展 日本画部門 作品「宵待」は、しずおか健康長寿財団理事長賞を受賞されました。
宵にかけ静かに咲き、種をつくり、命をつなぐ花たちに後押しされて描きあげた作品です。
【審査員寸評】
 描写、色彩、構成いずれも手堅く力量を感じさせる。
 声高な点は全くないが、静かに存在感を発している。素晴らしい作品だと思います。

作品:「命をつなぐ」

2021年 第24回静岡県すこやか長寿祭美術展 日本画部門 作品「命をつなぐ」が、銀賞を受賞されました。
受賞されたものの、新型コロナウイルス感染症流行の影響を受け、静岡県立美術館での「第24回静岡県すこやか長寿祭美術展覧会」は、惜しまれ中止となりました。
創作に当たって池谷千恵子さんは、芽が出て花を咲かせたブロッコリーが、芽を出す自然の力強さを描いています。

菊づくりに日々精を出す池谷壙治さん

日本画創作に没頭する池谷千恵子さんを、陰で支えてきた夫の池谷壙治さんは、警察官として長年公職に携わり、1989年沼津警察署長を最後に退任され、現在は地域シニアクラブ会長を務め、地域の健康づくり、仲間づくり、生きがいづくりに力を注ぐ傍ら、趣味の菊づくり等で充実した日々を過ごされています。

取  材:生きがい特派員  渡邊 英機(東部地域担当)

前のページに戻る

Recommend

おすすめ動画Recommend

  • 高齢者にやさしい!ご当地体操/ストレッチ すこやかエブリデー静岡

    さあ、心も体もリフレッシュしよう!!静岡県内で県民の健康増進を目的に活動する団体及び指導者の方、営利を目的としない県内の個人及び県外の団体、指導者の方に無料で配布をします。※原則として、DVDは1人(1団体)あたり、1枚まで配布をします。詳しくは、こちらをご覧ください。

  • 静岡県の百寿者に聞いた!健康長寿の秘訣の紙芝居

    静岡県(長寿政策課)の委託により、しずおか健康長寿財団が県内のお元気な百寿者(百歳以上の方々)を訪問して、暮らしぶりや興味のあることなどを伺い、その結果を「紙芝居」としてまとめました。 高齢になっても、心身ともに健康で、いきいきと活躍できるヒントが見つかると思います。

健康体験・動画を見る