連携・協働のつどいikiiki_21

【報告】平成25年度健康づくり活動費助成金交付団体 Music Ribbon(ミュージック リボン)へ取材に行ってきました。

Music Ribbon(ミュージック リボン)さんは、女性二人で高齢者向けの音楽レクリエーションを行っています。

高齢者施設の1日の流れの中で、音楽を使った活動を行い、回想法や合奏などで認知症を予防し、利用者相互の交流を図り、孤独感や喪失感を忘れる時間を作ります。また、手先を使ったり、歌うことで脳の活性化を促します。

今日は(2/25)、静岡市駿河区丸子にある「生陽会 にこやかハウス」に入所している皆さんにコンサートを開催しました。

童謡やナツメロを使い、歌ったり、指先の運動、座ったままできる運動などを取り入れます。

冬の歌「スキー」を歌い、指の運動をグーパーするだけで血流が良くなります。

♪「山は白銀(シロガネ) 朝日を浴びて (ランランランラン) 滑るスキーの 風切る速さ (ラララ) 」♪ 2回目は少し早く手を動かします。すると皆さん笑顔になります。

コンサートが終わりに近づくにつれ皆さんのってきます。

♪「 かきねの かきねの まがりかどたきびきびだ おちばたき」♪ と「たきび」を歌うと皆さん体でリズムをとり歌を歌います。これは昔の歌を聴くことで、その歌を歌っていた時代を回想するのだそうです。

ミュージック リボンの二人のスタッフは、どういう効果があるのかを考えた上でプログラムを組んでいるそうです。「皆さんが楽しんでいるのが一番!」と思い、今後、静岡ではまだ遅れている音楽療法の勉強をして、もっと活動の場を広げていきたいと意欲的でした。

(参考)平成25年度健康づくり活動費助成金交付団体一覧(リンク)

前のページに戻る

Recommend

おすすめ動画Recommend

  • 高齢者にやさしい!ご当地体操/ストレッチ すこやかエブリデー静岡

    さあ、心も体もリフレッシュしよう!!静岡県内で県民の健康増進を目的に活動する団体及び指導者の方、営利を目的としない県内の個人及び県外の団体、指導者の方に無料で配布をします。※原則として、DVDは1人(1団体)あたり、1枚まで配布をします。詳しくは、こちらをご覧ください。

  • 静岡県の百寿者に聞いた!健康長寿の秘訣の紙芝居

    静岡県(長寿政策課)の委託により、しずおか健康長寿財団が県内のお元気な百寿者(百歳以上の方々)を訪問して、暮らしぶりや興味のあることなどを伺い、その結果を「紙芝居」としてまとめました。 高齢になっても、心身ともに健康で、いきいきと活躍できるヒントが見つかると思います。