しずおか健康長寿財団
しずおか健康長寿財団

財団について財団法人しずおか健康長寿財団は、21世紀の高齢社会に対応する新たな社会づくりの推進母体として、平成3年10月に設立されました

トップ

  • 財団について

公益財団法人 しずおか健康長寿財団について

理事長挨拶

佐古伊康理事長

財団法人しずおか健康長寿財団 理事長 佐古伊康

 しずおか健康長寿財団は、高齢者をはじめあらゆる世代の参加を得て、県民の健康づくり、生きがいづくり、仲間づくりを支援することにより、明るく豊かで健やかな長寿社会の実現に寄与することを目的としています。
 少子高齢化が急速に進行する昨今、静岡県でも総人口に占める65歳以上の人口の割合は2006年(平成18年)には20%を超え、2018年(平成30年)には28.7%になりました。団塊の世代が全て75歳以上の高齢者となる2025年には31.9%に達し、2030年には約3人に1人が65歳以上の高齢者になると見込まれています。

 一方、厚生労働省が公表した平成22年、25年、28年の健康寿命の平均値では、静岡県は、女性が75.43歳、男性が72.15歳となり、男女とも全国第2位となっています。この結果には、県や市町および関係団体と連携し活動してきた当財団が、ささやかながら貢献しているものと誇らしく思っています。

 WHO憲章によると、健康には病気の有無だけではなく、健全な社会環境も重要な要素とされます。それには幼少期からの健康教育に基づく自助と、家庭や職場環境などの共助が欠かせません。とくに、長寿リスクの排除には、公助が自助、共助の後に位置することを念頭に、健康長寿の価値を人それぞれに問いながら、生きがいづくりや社会参加に励むことが求められます。これからの人生100年時代にむけては、財団が挑戦すべき課題が山積しています。

 かかる背景を踏まえ、財団の使命である高齢者をはじめとする県民の健康づくり・生きがいづくり・仲間づくり事業を、なお一層推進していく所存です。さらに、健康づくり県民運動の推進に賛同した官民61団体で組織する「しずおか健康いきいきフォーラム21」の事務局として、県民総参加の健康づくりに総合的に取り組んでまいります。

 職員一同は、県民の皆様と手を携えてなお一層努力してまいります。今後ともご指導・ご鞭撻の程どうぞ宜しくお願いいたします。

財団設立の目的

 わが国は、近い将来、高齢者が人口の四分の一をも占める超高齢社会の到来が予想されております。

 このような長寿社会を健康で生きがいをもち、活力あるものにしていくためには、県民の一人ひとりが適切な認識と自覚をもち、対応していくことが必要です。

 公益財団法人しずおか健康長寿財団は、21世紀の高齢社会に対応する新たな社会づくりの推進母体として、平成3年10月に設立されました。

財団の組織について(平成26年4月1日~)

財団組織図 平成26年4月1日~

平成26年4月1日から上記の組織に変更となります。

主な変更点

 健康づくりと生きがいづくりを一体的に推進するため、生きがい推進課とフォーラム21事務局を統合し、「健康増進生きがい推進課」に課名変更します。

  • はつらつネットふじのくに会員
  • 全国健康福祉祭ねんりんピック
  • 心もからだもリフレッシュいきいき運動教室 大腰筋マシン教室ノルディックウォーキング教室各種健康講座
  • すこやか長寿祭スポーツ大会
  • すこやか長寿祭美術展
  • 熟年メッセージ大会ふれあい交流会

公式Facebookページ

健康体操すこやかエブリデイ

健康長寿の秘訣紙芝居

  • 健康・生きがいづくり情報満載
  • 健康づくりイベントセミナー情報検索サイトしずおか健康いきいき情報局
  • ふじのくに健康長寿プロジェクトふじのくに健康いきいきカード

pdfファイルをご覧いただくためにはAdobe Acrobat Readerが必要となります。
お持ちでない場合はダウンロードしてからご覧ください。

  • 電話をかける
  • 財団について
  • googleマップを開く
  • このページのトップへ
このページのトップへ